ブルース ギター 初心者 バディガイ BBキング スティーヴィーレイヴォーン ブルース進行 アドリブ ブルースギター ジョンリーフッカー ハウリンウルフ  アルバートコリンズ フェンダー ストラトキャスター Buddy guy BB king

ブルースギターと日々の日常の事について 

会社員を続けながら音楽を続けていく。

ギターが上手くなる最短の方法は?

 

 

どうすればギターが早く上手くなれるか。

 

 

 

それは 弾くしかない、

毎日 毎日 毎日 弾くしかない、これが上手く

る為の最短方法です。

 

 

 

そんなのあたりまえやん

 

 

 

そう あたりまえやけど

 

 

 

このあたりまえができない。

 

 

 

楽して上手く弾ける方法はないかと

 

 

つい考えてしまう。

 

 

そんなものはありません。

 

もしかしたら

あるかもしれない

 

もしあるのなら、私に教えて欲しい。

 

 

 

20代の時に習っていたギターの先生に言われました。

 

プロのギタリストを目指す方は毎日8時間以上は弾いています。

 

睡眠時間も削ってでも弾いていると。

 

もちろんプロになっても

 

 

 

それを聞いた時、

 

俺にはそれは無理や

 

 

 

仕事もあるし、

 

デートもしたいし

 

遊びにも行きたい

 

テレビも見たい

 

睡眠削ったら仕事ができない。

 

 

 

と思ってその時に

 

私はギターは趣味とあきらめて

仕事を選んでしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時は思うんです。

 

 

そんなに練習しても自分が

 

 

プロになれるはずがないと

 

 

 

何もしていないのに

 

諦めてしまっている

 

 

 

 

これが今悔やんでも悔やみきれない後悔です。

 

この時に毎日8時間練習していれば

 

 

 

40代の現在ではプロのギタリストになっていたかもしれません。

 

 

 

有名でなくても ギターで食って行けたかもしれない。

(なってないかもしれませんが、挑戦せずに諦めたことが悔やまれる)

 

 

 

 

今ギターを弾く時間は平日で1.5時間

 

どんだけ頑張ってもこれ以上時間をとることは難しいです。

 

仕事のことを考えてしまうので、睡眠は削れない。

 

休日は34間とっていますが

8間はとれない。

 

 

 

 

 

 

 

なんとか練習を短くして上達する方法を探していましたが、

 

一つのことが上達すると

 

違うことがまた課題としてあがるので

 

ゴールはありません、

 

どちらかというと

 

時間がどんどん足らなくなっていくぐらいです。

 

魔法はありません

 

地道につづけることが結果的に早く習得できます。

 

 

 

今からすることを今日、明日何とかならないかと

思い結果がすぐにでないから

 

やる気がなくなり結局

 

だらだらと日々を過ごし気づいた時には年齢を重ねてしまっていた。

 

 

 

というパターンが多いのではないでしょうか。

 

 

 

今成功している方たちは

 

 

今、目の前の事をコツコツを積み重ねてきたものが

今の自分を作り上げているのではないでしょうか。

 

 

すぐにできる魔法があれば皆しています。

 

コツコツ 積み重ねていくことしかないのです。

 

 

 

 

 

ただコツコツ続けるにも

やみくもに毎日弾いていては上達はしません。

 

目標を持って弾くことが大切です。

 

 

 

バッキングの練習 

 

何の目的でするバッキングか。

 

バンドの練習か 

 

教本に載っているバッキングの練習か 

 

本当にそれをして 意味があるのか。

(自分がかっこいいと思わないものなど)

 

 

私もよく教本を買って練習をしていました。

 

今でも部屋にはギターの教本だらけです。

 

 

 

いつも教本の内容は3日ぐらいで弾かなくなります。

結局興味のない教本のバッキングを弾いても

(買う前は楽しみで買います。いざ練習すると全く面白くない。)

 

面白くないので基礎が大事と

分かっていても弾かなくなるのです。

 

 

 

いくらでも時間があるというかたは

 

それを弾くのもいいと思いますが

 

教本は1冊か2冊これというものがあれば十分。

教本の中にある基礎をある程度おさえれば

あと自分の好きなギタリスト、アーティストを

練習する方が続きますし、上達します。

 

 

 

 

自分の好きなギタリストの

 

良く使うフレーズやバッキングを

何度も練習をするほうが断然上手くなります。

 

そうすれば弾かなくなることはありません。

弾きすぎて飽きることもありますが時間が経てば

また弾いています。

 

 

 

飽きてきたら

同じギタリストの違うフレーズを練習する。

 

 

 

それを繰り返すうちに曲全部が弾けるようになっています。

 

 

 

 

それがギターが上手くなる最短の道です。

 

 

 

あとフレーズを楽譜を見ないで弾けるようになったら

なんの音を使っているのかを知ることも後々の上達に近づきます。

 

 

 

特にセッションでは

 

自分が練習している曲でも

 

キーが変わったりしますので

 

戸惑います。

 

 

 

そうならないように、

ある程度弾ける

ようになったらキーを変えたり

 

 

押さえている音の度数を確認したりすることで

自然と力がついてきます。

 

 

 

 

毎日弾くことの重要さを実感することがありました。

 

試験前、仕事等で1ヶ月近く

11530分しか弾けていない時が毎年何回かあるのですが。

 

その時は気付きませんが

 

それから毎日1.54時間、ギターを弾くこと再開して 

から2週間目ぐらいで

 

 

指の動きやすさの変化と、 

ピッキングミスも減り

音のキレも変わります。

 

 

 

毎日弾くにしてもある程度弾かないと

音の安定は保てないという事がわかります。

 

 

 

 

何事も継続は力なり ということですね。